ホーム > 医療 > 生活習慣病の疑いのある内臓脂肪型肥満

生活習慣病の疑いのある内臓脂肪型肥満

体脂肪の中でも生活習慣病と内臓脂肪の量の多さは密接に関係しているといわれます。

つまり、内臓脂肪型肥満は生活習慣病を引き起こす可能性が高いということとなります。

高血圧や脳卒中、脂質異常症、心筋梗塞に糖尿病などのさまざまな生活習慣病の発症を起こす可能性が大きいということになります。

メタボリックシンドロームといわれているのは、内臓脂肪型肥満と高血圧や脂質異常、糖尿病のどれかひとつでも併せて起こっている状態を言い、この併せ持った状態から脳卒中や心筋梗塞などの病を発症するリスクが高くなっている状態であるといわれています。

このように内臓脂肪型肥満は恐ろしい病気を隠れ持った、誘発する可能性がある状態ですので一刻も早く状況を改善することが望まれます。 http://nanamiki.biz/

幸い、内蔵脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満よりも改善できる可能性が高いといわれています。

それは内臓脂肪が比較的溜まりやすいにもかかわらず、エネルギーとして消費しやすい脂肪であるからです。

食生活の改善や適度な有酸素運動などで基礎代謝を高めることができれば簡単に減らすことが可能なのです。

 


関連記事

  1. 生活習慣病の疑いのある内臓脂肪型肥満

    体脂肪の中でも生活習慣病と内臓脂肪の量の多さは密接に関係しているといわれます。 ...

  2. テスト

    テスト記事です。...